ダイダンへの投資での仲介について

投資のイメージ

仲介とは、「何かと何か、例えば人や人との間に入って仲裁をすること」という意味や「会社と個人同士、または対立する互い、または互いに利益を求めている人や物事同士の間の仲を取り持つ」というような意味を表しています。
金融関係でこの「仲介」という言葉が使われる際には、例えば「投資信託」などの関連、または「株取引」などの関係で、銀行などが「仲介」に入る、という意味で使用されます。

投資に関しては、完全に素人の方が行った場合、とても運が良ければ莫大な利益を得る人も中にはいるようですが、これはごく稀であり、また同時にとても危険な世界である、とされています。
よく、新聞やニュースなどで報道がされているように、投資、株、このようなもので人生が破滅してしまった、という方も少なくない世界です。
そこで、ある意味で「素人よりも知識のあるプロに任せたい」という意味合いから、銀行員でも資格を持っている、また専門的な知識を深く持っている人に「仲介」として、投資信託や株などを購入してもらいます。
そこから、資産を増やしていく、または任せる、という方法がとられています。
また、同時に投資に関しては、「投資信託」などの場合には、仲介手数料などがとられます。
しかし、元々投資信託などを購入する際には、「資格がある人」しか、販売をしてはならないほど、財産が増えるとされる一方で、財産が失われる確率も高い世界ですので、このように厳重な購入方法が出来上がっています。

「ダイダン」とは、電気設備工事業などを行っている株式会社さんで、いろいろな地域に会社がある会社さんです。
もちろん、ダイダンさんも株式会社さんですから、株を購入することで支援を行うことが出来ます。